日本伝承医学心療科
                    
                    遠方の受診希望者へ

 疲れや心労で眠れなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまう時、
私たちはどうしても薬に頼りたくなってしまいますが、こうした症
状の時には、血液の配分が大きく乱れ、肝臓に充血が起こり脳幹部
に熱が生じています。配分の乱れは、赤血球同士をくっつけて連鎖
させ、血液の流れを悪くしていきます。流れが悪くなれば、体は懸
命に血液を流そうとするため、各部に痛みを発生させます。頭痛や
関節痛などの痛みを引き起こしたり、夜眠らせないことで、心臓を拍
動させて、血液を隅々まで循環させようとするのです。

 薬の服用は一時的に治ったかのような錯覚にみまわれますが、体
は内面から改善していかなければ、症状はまたすぐに戻ってしまい
ます。目に見えてあらわれている症状だけを封じ込めて消そうとす
ると、症状は、より内部に進んでしまいます。

 日本伝承医学の治療は、心臓調整法で心臓機能を高め、脳への血
流を促進し、肝臓叩打法で肝臓の充血をとり去り、血液の配分・循
環・質を整えていきます。長い間薬を服用している場合でも、日本
伝承医学の治療との併用によって、改善することは可能です。
薬は、やめるのではなく、薬を必要としない体を、徐々に取り戻し
ていくことが大事なのです。

 日本伝承医学心療科では、日本伝承医学の施術とカウンセリング
を行なっていきます。治療は予約制になります(予約受付070−
5590ー4522初診料2000円受診料6000円)尚、日本伝承医
学治療院では、毎週土曜日の午後4時〜7時までを担当しています。
往診、時間外、緊急時の診療はご相談ください。  

    内田多美子略歴
     1961年生  B型 かに座
      立教大学心理学科社会心理学専攻
      調理師免許/食事療法/大和本草
      在宅医療、終末医療の精神ケアに携わる
      しかごカウンセリングルーム室長、日本伝承医学心理療法士
      カウンセリングメールshikago@kids.email.ne.jp(パソコン)

    
  
    http://www.ne.jp/asahi/shikago3/kids/counselingroom.htm 
     慢性疲労症候群 2013.2.22
     皮膚にあらわれる症状      
     喘息
     自律神経調整法と後頭擦過法   
     こころと脳のはたらき
     解離性同一性障害(多重人格
     アダルトチルドレン
     こころの傷、心的外傷(トラウマ)
     多重感覚
     パニック障害
     子どもの心
     イソップ療法
     記憶からの記述

心療科受診に際して