漢方医学における心包三焦の関係を、日本伝承医学の生命観、人体
観と照らし合わせながら、その真意を探ってみたいと思います。
日本伝承医学の生命観は骨を生命活動の中心としてとらえ、すべての
内臓、脳、筋肉、関節との関連を考察しています。その中で、内臓に
おいては心臓を一番重要な臓器として位置づけています。
漢方医学では五臓(肝、心、脾、肺、腎)を中心として考え、胆のう、
小腸、骨、大腸、膀胱を五腑としておいています。その五臓五腑の関
係は、どれが中心というものではなく、相生、相克のバランス関係の
中で並列的に成り立っています。
 五行説の中での運用は、五臓五腑で当てはまるのですが、十二経絡、
時間配分(十二等分)、脈診に配当するためには、十二種類に配当しな
くてはなりませんでした。そのために心包と三焦という概念を導入す
る必要性があったのです。そして五臓に心包を五腑に三焦を加えるこ
とで、六臓六腑とし、12種類に配当したのです。
 漢方医学では心包を心の外衝(心の外を守るもの)と考え、心膜とい
う概念でとらえました。心臓を保護する膜で、病気が直接心臓を侵さ
ないように心包が代わって病を受けると考えられていました。また、
三焦を気の通路、体内の水路ととらえ、体の上・中・下の3個所に区
分しました(上焦・中焦・下焦)。舌下から胃の上口までを上焦といい、
胸部と心臓、肺を包含し、天の気をつかさどり、呼吸運動や飲食物の
受納を補佐するものとしました。また、胃の上口から下口までの部分
を中焦といい、上腹部と胃、脾臓を包含し、地の気をつかさどり、胃
と脾の消化、及び運化の働きを補佐するものとしてとらえました。
下焦は胃の下口から陰部までをいい、下腹部をはじめ、肝、腎、小腸、
大腸、膀胱などの臓腑を包含し、主として水液の清濁を分類するもの
としました。心の外衝である心包に対して、臓腑の外衝を三焦とし、
大事な所を受け持ち、守るという概念で両者の働きをとらえていまし
た。そしてこの心包と三焦を表裏の関係として位置づけていたのです。
 日本伝承医学では心包と三焦をホルモン系としてとらえています。
日本伝承医学では、心臓を内臓の中心としているため、心包を単に心

次のぺージへ

心包と三焦の関連の考察